書籍や雑誌を編む仕事内容はさまざま

男性

編集という業務には大きな魅力があり、昔から人気の仕事です。この仕事をするためには出版会社に就職する必要があります。就職を控えた大学生たちの中でも出版業界への就職希望者は多いです。しかし、就職活動中にはなかなか自分の理想という仕事を目指して追いかける段階ではなく、とりあえず就職できるところへ入ってしまうというケースも少なくありません。そして、ある時期がきたときに自分の目標なり夢が見出され、転職という手段を選ぶ人も多いでしょう。終身雇用という古い働き方がなくなったこの現代では、こうした転職も別に珍しいものではなくなりました。単純に編集の仕事と言っても、これにはさまざまな種類があります。書籍や雑誌などを企画編集する業務は一般的に知られていますが、そのジャンルとなると本当にたくさんあるのです。ファッション関係を始め、文芸、漫画、ビジネスなど数え上げればきりがありません。また、出版会社の中でも大手の会社や小規模の会社まであり、そこでの業務も異なります。大手の出版社ではそれぞれの役割分担が明確に決められていて、その下にライターやカメラマンなどのフリーランサーがいて仕事を出している場合がほとんどです。比較的に小規模の出版会社では、大概、すべての業務を社内でこなしているのが現状ではないでしょうか。どちらの仕事が自分に適しているか、また魅力を感じるかもそれぞれ異なります。

活躍の場は広がっている

男性

出版社以外でも編集業務ができる転職先があります。それが編集プロダクションというところです。このプロダクションでの業務は大手出版会社などから仕事が流れてきて、プロダクション内で作り上げます。当然、ここには企画をする人やライターなどのスタッフがいて、それぞれの業務を遂行しているわけです。編集をするために転職をするのであれば、出版会社でもプロダクションでもできるということになります。編集関係の仕事へ転職するときに気になるのが、特定の資格が必要なのではないか、ということではないでしょうか。しかし、この仕事には必要とされる資格はありません。やはり重要なことは企画力や想像力、それから探究心などでしょう。常に新しいものには目をつけておき、アンテナを張り巡らせることも必要です。特定の資格は必要ないのですが、今の時代はインターネットが急激に普及しています。これにともなってネット環境の中でも編集の仕事は増えていますので、こちらの知識や技術も必要になるのではないでしょうか。

出版ドットコム

最新求人を掲載します編集業界への転職をサポートします♪

クリック王マーケティング

自宅が職場?ありえます!副業を始めるあなたをサポート!

CHIKENJOB-NAVI

知れば、治験も怖くない!治験バイトの情報を解説